【お知らせ】ゴールデンウィーク期間の営業について

一覧に戻る

天地と表裏の指示について

両面印刷の場合、表と裏の組み合わせ方をご指定いただく必要があります。
そのために必要になるのが、天地と表裏の指示です。

「天地」とは...印刷データの上下を表す用語です。
印刷データでは、表裏に縦長・横長の絵柄を合わせる場合や、2つ折や4つ折の場合など上下の判別が難しいケースが多くあります。そのため、データ上には「天」・「地」と目印をうち、さらに「天天あわせ」「左天あわせ」といった表裏合わせの指示を行います。
天地のご指示は、トンボの外側や、テキスト、イメージ画像等にて行ってください。
なお、天地についてデータ上で特にご指示が無い場合はデータの上部を「天」、下部を「地」といたします。

 

■天地の指示のしかた

1 天天合わせ ~データの表と裏の向き(縦・横)が同じ場合~
裏のデータの上同士(天同士)が合うように両面印刷します。これを「天天合わせ」と呼びます。

天天合わせ

 

2 左天合わせ・右天合わせ ~データの表と裏の向き(縦・横)が違う場合~
向きを合わせるためには、裏面を右回りか左回りに回転する必要があります。

左天合わせ_右天合わせ

一般的には、裏面を右回り(時計回り)に回転し印刷します。
(絵柄の左側が天(上)になるので、「左天」と言います。逆回転を「右天」と言います。)

 

 

■左天 裏面を時計回りに回転させた場合。

左天

 

■右天 裏面を反時計回りに回転させた場合。

右天

ファイル名にページ数・表裏を入れるのも忘れずに!
両面印刷をする場合は、「表」と「裏」が分かるようにファイル名やデータ上に記してください。