【お知らせ】ゴールデンウィーク期間の営業について

一覧に戻る

オーバープリントについて

オーバープリントは、オーバープリントを指定したオブジェクトのカラーとその下にあるオブジェクトのカラーを重ねて印刷する機能です。

設定した結果が実際に印刷して見ないと分からないため予期せぬ仕上がりになる可能性があります。

弊社ではオーバープリントを使用しないことを推奨しております。

色の重なりを再現する場合は「透明」機能の使用をオススメしております。

 

※オーバープリント設定はトラブルの原因となります。オーバープリント設定の有無はデータチェックの対象となりません。ご使用の場合によるトラブルは保障いたしかねますので、ご注意下さい。

 

 

弊社ではスミベタ(K100%)のベクトルのオブジェクトに対して自動的にオーバープリントがかかります。

広い部分にスミベタがある場合や、大きなタイトル文字などでスミベタを使用する場合に背面に濃度差のある画像や図柄などがあると、背面が透けたように見える場合があります。

透明の影響を受ける部分はその一部だけオーバープリントにはなりません。 

 

▶K100%の文字に白フチを付けたい場合の注意点

同じ内容のテキストのオブジェクトを同じ位置に重ね、

上のテキスト : 塗り色=K100%
下のテキスト : 塗り色=無し、線の色=白

上記の設定の場合、自動ブラックオーバープリントにより、黒い文字の中に背景の色が透けているように見えてしまう事があります。文字が小さい場合や背景の色が薄い場合は目立ちませんが、タイトルなどの大きい文字などは目立ってしまいます。

 

この透けたようになってしまう現象を回避する方法はいくつかありますが下記の方法どちらでも対応可能です。

 

方法1.白いフチがある方のテキストの塗りの色を線と同じ白にする。(黒い文字はそのままでOKです)

方法2.上のK100%の文字がブラックオーバープリントにならないようにCMYのいずれかに1%を設定する。
(下の白フチのテキストはそのままでOKです)

 

※オーバープリント設定はトラブルの原因となります。オーバープリント設定の有無はデータチェックの対象となりません。ご使用の場合によるトラブルは保障いたしかねますので、ご注意下さい。