一覧に戻る

QRコードを使ったデザイン名刺を簡単に作成する方法

QRコード_テンプレート

プロフィール交換、イベントやキャンペーン、決済などなど、QRコードを利用するシーンが増えています。

whooをご利用いただく方の中にもQRコードを入れたデザインで注文される方が多くいらっしゃいます。

そこで、本日はQRコードを使った名刺デザインを簡単に作る方法をご紹介します!

 

 

LINEのQRコードを作成する方法

 

まずは、最も利用が多いLINEの「マイQRコード」を入れる方法です。

whooでデザインする前に、LINEの「マイQRコード」を画像として保存しておく必要があります。

LINEを開いたら、左上の設定ボタンをタップします。

LINE_QR_01

 

続いて、「プロフィール」をタップします。

LINE_QR_02

 

下の方にある「マイQRコード」をタップします。

LINE_QR_04

 

自分のLINEアカウント情報が入ったQRコードが表示されます。

LINE_QR_05

 

QRコードが表示されたら、右上の三角ボタンをタップして「端末に保存」します。

LINE_QR_06

 

これで、準備は完了です。

このLINEの「マイQRコード」を読み込むと、簡単にLINEの友だち追加ができるので、個人でも店舗でも、普段からLINEを利用している方であればその後のコミュニケーションや販促に役立ちますね。

 

LINEのQRコードをデザインに使う方法

 

whooでは様々なデザインテンプレートがありますが、QRコードは「画像」として保存されているので、写真がアップロードできるテンプレートであれば、どのデザインにも使用することができます。

最近ではQRコードを使用される方が増えてきたこともあり、QRコード専用のテンプレートを数種類追加しました。

 

まず、whooのTOPサイトから「名刺をつくる」をクリックします。

blog_qr_01

 

「whooのデザインを使う」から「デザインを選ぶ」をクリック。

blog_qr_02

 

 

「Create(作り方)」から「自分の写真を使う」をクリック。

blog_qr_03

ここで写真入りのテンプレートに絞り込むことで、目的のデザインに到達しやすくなります。

 

一覧をみていくと、このようなQRコードがレイアウトされたデザインが表示されます。

blog_qr_04

 

blog_qr_05

 

blog_qr_06

 

blog_qr_07

 

あとはお好みのデザインを選んで、端末に保存したQRコードをアップロードするだけです。

QRコード以外のプロフィール部分のテキストもお忘れなく編集してくださいね。

 

LINE以外のQRコードを作成する方法

 

ご自身のWebサイトやお店のホームページなどのURLも、無料のツールで簡単にQRコードが作成できます。

「QRコード 作成」などで検索すると、QRコードを作成できるサイトがすぐに見つかります。

(現在、いくつかのQRコード生成サイトで作成された画像につきまして、正しくアップロードできない場合がございます。

間違いなくアップロードいただくために、お手数ですがこちらのサイトでQRコードを生成いただけるようお願いいたします。)

 

作成したQRコードは同じようにwhooの写真入りテンプレートやQRコード専用テンプレートにアップロードすることが可能です。

 

QRコードさえ持っていれば、様々なデザインで名刺やショップカードの作成が可能です。

QRコードは本当に簡単に作成できるので、ぜひお試しください。

 

written by NAO